外壁塗装豆知識

外壁塗装には保証されている対象があります

外壁塗装には保証されている対象があります 外壁塗装の保証にはいくつか種類があり、大きく分けて自社と団体・組合があります。
自社の場合、外壁塗装業者が自社で運用していて、オリジナルとも呼ばれます。
定期的に外壁をチェックしたり、補修が必要かどうか確認してくれる業者もいます。
自社は業者によっては対象などにばらつきがあり、対象をきちんと確認しておくこと良いでしょう。
団体・組合の場合、外壁塗装業者が加盟する団体や組合などの制度を利用することができる仕組みです。
万が一外壁塗装業者がなくなったとしても、業者が加盟していた団体や組合などの保証を利用することができます。
消費者にとっては安全な制度で、組合や団体は外壁塗装業者に関して第三者機関がチェックし、証明書を発行しているので信頼することが可能です。
いろいろな団体や組合があるので、施工業者に加盟団体を聞いてみて確認することをおすすめします。
基本的に保証部分に関して壁の塗装のみに限定されていることが多く、外壁から塗料などが剥がれ落ちることはほとんどなく、剥がれ落ちるようなトラブルが発生するのは木や鉄など部分が多いからです。
木と鉄部も対象になっているなら良い商品になるでしょう。
一般的に塗膜の剥がれのみに対応しているものが多く、外壁は日光などによる変色が避けられないので、色の変化などは範囲外になるケースが多いです。

外壁塗装の保証内容や期間は業者によって異なる

外壁塗装の保証内容や期間は業者によって異なる 外壁塗装を業者に依頼する時、費用だけで選ぶ人というのは少ないのではないでしょうか。
もちろん、安ければ安いほうが良いと感じる人もいるでしょうが、安かろう悪かろうという言葉もあります。
安いとは言っても、費用はかかるわけですので、業者を選ぶ時には費用だけではなく保証内容についてもしっかりと確認することをおすすめします。
外壁塗装の保証は塗装業者・第三者機関・塗料メーカーの3つに分ける事が出来ます。
なお、期間については3年から10年を設定しているところが多いですが、使用した塗料によっても異なる可能性がありますので、注意が必要です。
保証内容と同じく確認するべきこととして、免責事項があります。
これは、責任を問わない旨を定めたもので、経年劣化や建物主の使用上の誤りによるもの、自然災害や公害などの外部要因によるものなどが挙げられます。
特に災害については誰もが予見することが出来ないものであるということもあり、対象とならないことに憤りを感じるかもしれませんが、不安な場合には別途保険に加入することで補修費用の負担を少なくすることが出来るかもしれません。
分からないことや不安に感じる事があれば、塗装を依頼する前に確認をしましょう。

沖縄の外壁塗装情報サイト

沖縄 外壁 塗装