外壁塗装豆知識

外壁塗装の必要性の判断基準

外壁塗装の必要性の判断基準 新築で建てたマイホームは10年以上経過したら、外壁塗装を検討しましょう。
塗装には建材を雨や紫外線などから保護する役目がありますが、そのバリア機能は年数が経つにしたがって失われていきます。
そのまま放置すると建材が劣化し、住宅の寿命を縮めてしまう恐れがあるのです。
外壁塗装をすべきかどうかを判断する際、いくつかのチェックポイントがあります。
まず、外壁に亀裂やひび、腐食がないか見てみましょう。
目視でこれらの状態が見つかったら塗り替えのサインです。
このほか外壁を指で触ってみて白っぽい粉が付いたら、「チョーキング現象」と呼ばれる劣化の兆しです。
うっすらと白い粉が付く程度ならまだ大丈夫ですが、真っ白になるようだと早めに外壁塗装を行う必要性があります。
このほか雨の日に水がかかって変色するようなら塗り替えを考えるべきです。
外壁塗装をする場合は、屋根の塗装も検討してはいかがでしょうか。
別々に行うよりも総費用を抑えられる可能性があります。

外壁塗装を行う時期はいつが良いのかは塗料の性質を考えれば分かります

外壁塗装を行う時期はいつが良いのかは塗料の性質を考えれば分かります 外壁塗装は基本的に1年を通じていつでも行うことができる外壁リフォームです。
但し、塗料を塗る時には雨が降っていると施工ができません。
これは油性や水性などに関係なく、塗装を行った後に乾燥させなければならないためです。
小雨程度の雨でも、数時間後に晴れ間が訪れる時などは施工ができても、天候が悪化する可能性がある時などは外壁塗装が延期になることも少なくありません。

さらに、外壁塗装中は窓ガラスに塗料が付着すると困るので、窓ガラスにはビニールシートを貼り付けることになります。
ビニールシートはガラス全体だけでなく、外枠部分にテープで固定してしまうため、施工が終わるまでの間は基本的に窓の開け閉めができません。
外の風を取り入れたい季節などは少々不便さを感じるなどからも、雨が少なく窓の開け閉めが少ない時期を選ぶのがお勧めです。
ちなみに、梅雨時期などの場合は、工事が延期になり4週間ほど掛かることもありますが、雨が少ない時であれば2週間ほどで完了するなどの違いもあります。